面接とは、自分がその会社や仕事(職種)に適応できるかどうか、
また、会社の期待にこたえることができる人材であるかどうかを
採用担当者や役員または、社長に判断してもらう場の事です。

万全の準備できっちりと自己表現を!

面接は、採用担当者と直接向き合い、採用担当者の質問に対しての受け答えや反応・態度などを細かくチェックされます。
限られた時間の中で就職希望者が自社のこの仕事でどのように実力を発揮できるか?
また、会社にとって有益な人材かどうかを判断しなければなりません。

そのために、就職希望者が今まで何を経験し、どのような考えを持って仕事に取り組んできたのか?
またその経験が今後どのように活かせるのか?
といったところまで判断をしたいと考えています。

そんな採用担当者に、本来の自分を知ってもらい判断してもらうために、準備は万全にしましょう。
また、自己分析などの準備を充分に行うことで自信が生まれます。
しっかりと準備を行い、緊張や苦手意識を克服し面接の場を楽しめるようになるまでになりましょう。

■面接の形式

■採用担当者が何を見ているか

■面接の前に準備すること

■面接時の想定質問ポイント

*最後に、面接に臨む心構えについて
面接に臨む前日にもう一度確認をしてもらいた内容は次の5つです。
(1)挨拶
明るく元気よく行なってください。基本中の基本です。

(2)身だしなみ
服装、髪型、持ち物などその清潔感のある姿が好印象を与えます。

(3)表情
鏡などで自分の表情をチェックしましょう。内面から出る雰囲気も大切です。

(4)話し方
声の大きさ、トーン、口癖など最終チェックを!

(5)時間厳守
会社までの地図や面接時間など最終確認。
遅刻は厳禁です。万が一電車事故などで遅れる場合はすぐに会社に連絡を入れるようにしましょう。